最も偉大なる教師は「あなたの内側」に存在します。

色は光、光はエネルギー。
オーラソーマは色を通じて毎日の生活の中に光のエネルギーを取り入れ、
心に、身体にパワーを与え、最も自分が幸福だと感じる方向に導き、
夢を広げていく助けになるものです。つまり、あなたという種が成長し、
花を咲かせ果実を実らせるために必要な太陽の光のようなものです。

オーラソーマは1983年 英国にてVIcky-wall(ヴィッキーウォール)という
盲目の女性の祈りと瞑想により作り出されました。
2層に分かれたイクイリブリアムボトルには鉱物(ミネラル、貴石、クリスタ
ル、植物(ハーブ、野菜)、知覚可能な色・光などの自然界のエネルギーが
含まれています。
あなたが選ぶ色があなた自身なのです。」とオーラソーマで言われるように、
自分の存在や自分の必要としているものが明示されています。
私たちが選んだ色には意識は色と光に共鳴し、色は直接、意識を反映します。

オーラソーマの創始者 ヴィッキー・ウォールについて

オーラソーマはロンドン郊外の美しい街テットフォードに、
デヴォーラという世界のセンターがあります。オーラソーマの
創始者は薬剤師で、キロポディスト(足ツボを刺激して身体の
痛んだ部分を癒す療法)だったヴィッキー・ウォールという女性
です。彼女は、1918年8月20日にロンドンで生まれました。
幼い頃より透視能力や霊能力を発揮して、周囲を驚かすような
子供でした。とある晩のこと、ヴィッキーは薬を調合するために、
いつものように多くの自然の原料を取り扱っていました。と、まるで 何者かにつき動か
されたかのように、両手が勝手に動きはじめたのです。みるみるうちにその両手は1本の
カラーボトルを調合してしまいました。それが現在のB01番にあたるボトルなのです。
しかし、当初は彼女にもその二層のボトルがいったい何なのかわかりませんでした。
それは奇跡のような出来事だったと、あとで彼女は語っています。彼女は初め、それが
化粧用のオイルか何かだろうと思ったそうです。そして、とある博覧会に出品したところ
そのボトルは多くの人の目をひくことになりました。しかし、不運なことに1979年、
心臓病と糖尿病を持病にかかえる彼女は、眼底出血のために失明してしまいました。
その結果、繁盛していたクリニックも閉めることとなり、それと同時に幼い頃から見えて
いた オーラの知覚がますます研ぎ澄まされる結果となりました。
初めてのボトルが誕生した年に、彼女は現在の主宰者であるマイク・ブースと博覧会で
出会いました。ヴィッキーと同じようにサイキックな能力をもっていたマイクは、お互い
に協力しあって、オーラソーマにホメオパシー(同種療法)、自然療法、神智学や仏教
の教えなどを加え、ひとつの体系として理論化していきました。
残念なことに、ヴィッキーは1991年に亡くなりましたが、そのあとのオーラソーマは
マイク・ブースが 引継ぎました。ヴィッキーと同様、新しい処方を次々と受け取って
ボトルを生みだし、いまやそれは115本にまで増えました。
オーラソーマはマイクのもと、いまも発展し続けています。

0番から115番の番号と名前のついた116本(2018.12月現在)のカラーボトルを眺めることから始まります。
そのボトルの中からまずは「自分のことを最も呼んでいるボトル、目に飛び込んできたボトル」を1本選びます。
そしてまたもう1本。というように4本のボトルを自分の心のままに選んでいきます。

あなたの本質、人生の使命と目的。         ギフトとタレント。
(あなたの課題となる側面でもあります)
今ここ。現在のあなたの状況。    現在から見た未来。
未来からやってくるエネルギーで、
手にすることができる未来。
すべてはまずは自身でボトルを選ぶ事にポイントがあります。
選んだボトルは今のあなたを映し出す鏡であるため、自分らしさ、問題点
それに対してどう向きあうべきか、そしてそこから手にすることのできる
未来の4つの流れは、すでに自分の中に=そこには「内なる教師」として
存在しているのです。私達プラクティショナーは、通訳者としてボトルと
あなたのハートの橋渡しをしてゆくのです。